上田市にお住まいの方へ!注文住宅で高気密・高断熱の機能を付けるメリットをご紹介 | LIFIT CREATORS HOUSE

COLUMN

コラム

TOP / コラム / 上田市にお住まいの方へ!注文住宅で高気密・高断熱の機能を付けるメリットをご紹介

上田市にお住まいの方へ!注文住宅で高気密・高断熱の機能を付けるメリットをご紹介

「高気密住宅と高断熱住宅の違いを知りたい」
「高気密高断熱住宅はどんなメリットがあるの」
上田市にお住まいでこんなふうにお考えの方は多いと思います。

そこで、今回は高気密住宅と高断熱住宅の違いと高気密高断熱住宅のメリットをご紹介します。
ぜひ、注文住宅を建てる際の参考にしてみてください。

 

□高気密住宅と高断熱住宅の違いとは

どちらも快適に過ごせるという特徴がありますが、具体的にどんなところが違うのでしょうか。
以下でそれぞれの特徴について詳細に解説します。

1つ目は高気密住宅です。
高気密住宅とはその名の通り気密性の高い住宅のことを指します。
気密性の高さは、気密性を数値化したC値で表現でき、C値は隙間の面積を延べ床面積で割った値で求められます。
一般的な住宅では9から10平方センチメートルですが、高気密住宅は5平方センチメートル以下です。

2つ目は高断熱住宅です。
断熱性も気密性と同じようにQ値と呼ばれるもので高さをはかれます。
Q値は外部に出て行ってしまう熱量を外部と接している面積で割ることで求められます。

ではいくらのQ値なら高断熱住宅と呼べるのでしょうか。
実は高断熱の基準は地域によって異なります。

北海道は1.6、東北地方や新潟、長野は1.9から2.4、その他の地域では2.7以上が基準となります。

 

□高気密高断熱住宅のメリットとは

高気密高断熱住宅にすると以下のメリットがあります。

1つ目は一年通して快適に過ごせる点です。
高気密高断熱住宅は外気の影響を受けにくいので、一年中室内が快適な温度で保たれます。
また、冷暖房効率が良く、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。

2つ目はヒートショックの危険性が少ない点です。
高気密高断熱住宅はお部屋ごとの気温差が少ないです。
そのため、暖かい部屋から冷たい部屋に急に移動することで心臓に負担がかかる、ヒートショックが起こりにくくなります。

ヒートショックは心臓が弱い方であれば死亡してしまう可能性もあるため、ご老人やお子様がいらっしゃる方には嬉しい機能になります。
これらが高気密高断熱住宅にするメリットです。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□まとめ

高気密住宅と高断熱住宅の違いと高気密高断熱住宅のメリットをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
当社では、「現場発泡ウレタンフォーム」という断熱材を採用し、高い気密性と断熱性能を確保した住宅を提供しております。
何かお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。

CONTACTお問い合わせ

  • SHIOJIRI

    0120-233453

    受付時間:9:00-18:30 (火・水定休)

    〒399-0701 長野県塩尻市広丘吉田662-9
    OPEN/10:00~18:30(火・水曜定休)

    来場予約
  • NAGANO

    0120-363654

    受付時間:9:00-18:30 (火・水定休)

    〒399-0701 長野県長野市西尾張部1116-2
    OPEN/10:00~18:30(火・水曜定休)

    来場予約
  • UEDA

    0120-734400

    受付時間:9:00-18:30 (火・水定休)

    〒399-0701 長野県上田市上田1360-1
    OPEN/10:00~18:30(火・水曜定休)

    来場予約